また描いちゃいました

部屋の中から海の中まで趣味が多い俺の日記です

    事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 1
     
    先日、市役所からの連絡があり、
    今日はうちの家の周り数軒の家の住人が
    近所の家の前に集まりました。
    内容は家を囲む「側溝」のついて。
    うちのまわりの側溝にはコンクリートや網などの蓋がなく
    おまけにほとんど掃除にも来ないから、ちょっと雨が降ると
    雨水があふれてしまうこともあるくらいで、
    おまけに俺んちなんか、ちょうど排水講のある場所だから、
    四方から水と一緒に泥も流れてそれがたまり、そこに雑草が生え
    そのたびに草刈りをしているという状態でした。
     
    で話を職員から聴いたのですが・・・
    と、その前にこの職員の「組み合わせ」
    「あれ?デジャブ?」って、どこかでみたことあるような・・・
    と考えたらすぐに思い出しました。
    仕事で言ってたプールの仕事発注元の役員が
    こういう組み合わせ(おっさんとイケメン)だったんです。
    ここで「イケメン」だからと心を許しちゃいけませんぜお嬢さん。
    プールのときは、そのイケメンふうな職員がバカで、そいつに
    俺はどんだけ苦労させられたか・・・
    まぁ、今日来た職員は関係ないけどね(笑)
    なんかそんな組み合わせだったから、ちょっとイラッとしてたら・・・
    おれよりグイグイと文句いってる元気のいいおじいさんが
    元の区長さんで、いまは別の区長さんなんですけど
    すごい迫力で言うからおかしかった♪
    この元区長さんのお父さんは、俺のばあちゃんの仲人を務めた縁で
    昔からの顔なじみなんです。
    で、職員にすごいぐいぐい言うので、なんか周りの住人もちょっと苦笑い(笑)
    そこへ温厚そうな新区長さんが到着して、おだやかに話を聞くことになりました。
     
    しかしです、そこは民間と役所の考え方の違い。
    住人の意見は「側溝に立派なふたがほしい」ってだけなのですが
    役所は違ってた。
    まずは「子供の安全を考え落ちないように「ガードレールつけましょうか?」
    なんて意見(汗)
    「いやいや、今まで子供が落ちたなんて話聴かねえし、ガードレールなんてつけたら
    かえって危ないでしょ!」なんて話からはじまり、また近所のおばちゃんからも
    クレームの嵐(汗)
    「お宅も言ったほうがいいですよ!」って言われ、俺は苦笑い。
    で、うちの前の通りをみてあるくと、完全に側溝の機能を果たしてないことが判明。
    泥で完全に埋まってる箇所があり、俺の家の前ももうすぐそうなりそうな感じ…
    しかし元区長の話だと「大丈夫、いま話してても、やるのは何十年もさきだから!(笑)」
    とのこと(汗)そうなんです、市にそんな大工事になりそうなこと、予算が簡単に出せるわけもなく
    要望だけ聴きに来た感じ(まったくひどいもんだ)
    この期に及んで、そっこうの蓋をどうにかする話すんのかとおもったら、
    車が落ちないように、オレンジのポール建てようか?なんて話してる・・・
    ダメだこりゃ!ってことで、うまくいえば「どぶさらい」ぐらいはやるかもしれない話をして
    解散となりました。
     
    話し合いが終わり、今日は雨で順延していた「草刈り」をしました。
    市の道路をなんで俺が金出して道具揃えてくさかりしなきゃなんないんだよ!ってねぇ(汗)
    まだ生え始めだったので、わりとすぐに終わりました。
     
    先日植えた『ホワイトムスカリ』が咲いていましたよ。
     
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 1
    今日の仕事の帰り、俺の生まれた育った町内を通り帰ってるとき
    片側2車線で中央分離帯のある道路の前方から・・・・・・
    ・・・爺さんが逆走してきました!(爆)
    頑固そうなシルバーマークを付けた爺さん
    時速30キロぐらいでしょうか、俺も天気が悪くて35キロぐらいで走ってたけど
    前方の異変に気づき、さらに速度を緩めてたので
    スイっと左車線に線路変更できたんですけど、一度鉢合わせしたわけで(汗)
    爺さんの顔、車の中から覗きこんじゃいましたよ。
    でもその爺さん、進路を変えるのかと思ったら、そのまままっすぐ走って行っちゃいました(汗汗)
    完全にボケてるな。あびないあぶない。
    かといってあっけにとられてたので、止まって「あぶないですよ!」とも言えなかった(汗)
     

    このページのトップヘ