イメージ 1
 
 いや〜、昨日も仕事が大変でした。
いつも早ければ15時とかに終っちゃうのに、20時まで残業になるなんて
おもわずにまた残業させられたのでした。
 
昨日はねいつものうるさいババァが、早く仕事を覚えてもらおうとして
去年入ってきた関取級のおねえさんに俺の仕事やらせて、俺はサポートしてくださいって言うので
サポートに回って仕事してたんですけど体格が体格だけにおっそいんです(汗)
もの掴むのに、身体が動かないもんだから、1歩も踏み出さずにそーっと手でつかむんですけど
それを見たババァが「なんで遅いの!早くやれないの!出来なかったらクビになるよ!」とか
騒いでるんです(汗汗)そんなこといたってね、あの身体じゃ無理だって周りに人は思うんだけど
ババァはそれがわからず、おかまいなしに言いたいほうだい。あげくのはてに
こないだなんか体重支えるの大変だから手を作業台に乗せるているのを
遠くかから「手を(台に)ついちゃだめだよ!手をついてるの見たら私言うからね!
別にいじめてるわけじゃないんだからね!」とか言ってんの(汗)
いじめてんじゃん!って思うんだけど、周りは怖くて言えないみたい。
 で、そのおねえさんはおねえさんで、ずぼらな性格になってしまってて、
俺たちがきれいに並べてるのを、適当に並べてて
社員さんに「これでいいんじゃないですか?」なんて提案するもんだから
「そういう問題じゃないんだよ」なんて言われてるんです。
もう性格がああなってしまうと、なんでもめんどくさいとかになっちゃうのか
元々いた商品制作の作業場のオバサン達に「勉強してきなさい!」と体よく邪魔にされて
最近、俺たちの作業場に来たんですけど、昨日はさばく荷物が多かったので
俺も「張り切ってやるか!」と思ったら、ババァのいきあたりばったりな指導のおかげで
いつもより1時間半かかってしまったんですね。
 それでもなんとかがんばって仕事終わらせて「今日は終わりかな?」って思ったら
社員が「終わったら現場へ来てください!」なんて軽く言いに来て
何やらせるのかと思えば、オバサンたちの汚したごみの掃除、代車の移動、
商品発送の運搬用板への積み込み(ラップ撒き)、明日の準備の段ボールづくり
ラベル貼りと、本来全部オバサン達の仕事なのに、人数少ないうえ、新人多いから
手も遅くて間に合わないみたいで、一生懸命終わらせた俺たちに
さらに仕事させるもんだから、大変だったんです。
 先の関取のおねえさんは「帰らせてくれ!」ってたのんだのか、18時には帰ちゃって
いま現場監督的な爺さんは腱鞘炎ごときで休んでて(俺の方が症状すごいのに)
ただでさえ人数少ないのに、爺さんたちと俺で頑張って終わらせたんです。
だからいつも思うのは「今日は残業お願いします」とか一言いえばいいのに
「つぎはこれやってください」「あれやってください」って
次から次へと用事だけ言って「今日は都合が悪いから」とか聴く気配もないんです。
頭にきちゃいますね。
おかげで、昨夜はパソコン眺めてるうちに気絶するようにねちゃって、また床で
3時間も寝てましたよ(汗)
 
今日はおかんが午後から用事があるから
朝のうちに連れてってと頼まれ8時半にスーパーへ買い出しに行ってきました。
お昼は、弁当のざるそばとコロッケパンにしました。