PICT0536


今日は目、それから唇を修正して肌、髪の毛を描きましたよ。
一気に行ってしまうとここをご覧の皆様に描く工程を説明できませんので、今日はここまで。

まずは目の周りですけど、これ前に書きましたが、大人の女性を描く時に意外と気が付かないのが「メイク」
目・口・鼻を描いてなんとなく陰をつけたんだけど、
「なんか違うんだよなぁ」って思って、
「そうだ化粧か!」って思って絵のためメイクの学校に
本気で通おうと思ったくらい(わりと本気で)

ま、その辺は化粧の工程を本で読んで、なんとなく描いていますが、化粧の存在に気が付かなかったときは、
みんな「ナチュラルメイク」したタレントさんって
感じでした(笑)

よく写真を見ると、「アイシャドウ」だ「アイライン」だ「チーク」だとメイクして初めていま見ている写真になってるわけです。この辺りも考慮して描くと、より絵として表現しやすくなるのでは考えてます。

今回は、肌の色に6色使いましたよ
最初に「きいろ」それから「オレンジ」「うすだいだい」
鼻にできた陰に「赤ちゃいろ」目の周りに「こげちゃいろ」
最後に「ももいろ」を重ねました。

髪の毛はいつもの俺の描き方ではポスターカラーで
下地にセピアを塗っておくのですが、
色鉛筆のみということと、茶髪っぽさを出すので
下地には「きいろ」を使いました。

服は白なので模様と影に「ふじむらさき」を
塗りました

残る工程は髪の毛の描き込みです。

ここから先は一気に行って終わりにしますので
お見逃しなく


色鉛筆画 ブログランキングへ