今日は古本屋さんじゃない普通の(笑)本屋さんに行きました。
最近は行くたびに「大人の発達障害」「アスペルガー」関連書の
コーナーにばかり足が向かいます(汗)
知りたいのです。知ってこういう人がいるんだって理解したいんです。
でも、考えてみればおもしろいなぁって。
なにが面白いかって言うと、アスぺの人(ここの場合管理者ね)が理解
してないようだからって、理解することが困難(アスぺ)な人の理解を
俺がするってのがね、おもしろいなって。
管理者はそんなの知る由もないなって。

で、今日本を読んで気になったのは「労い(ねぎらい」
アスぺの人に労いを期待しても無理って書いてあったんです
労いの言葉、たとえば、仕事頑張ったから上司から「大変だったね」と
言われれば、大変だったけど少しは報われるってもんじゃないですか。
それがアスぺにはないって。
どうりで(まだ管理者はそうだって決めつけてるだけですがね)
労いがなかったわけだ、って納得しました。
俺がもともとしてた仕事は、お客さんがたくさんはいれば「大入り袋」が
叔父さんのとこの従業員に出るのが通常だったのですが、
一般的には上司が「今月はみんなよく頑張ったね」ぐらい言うじゃないですか?
例の管理者にはそれがない。っていうか言ったことが奇妙であまりにも変なので
最初「は?」って思ったんです。
バイト最初の年に、全国の施設でも上位に入った時に「おめでとう」って
言われたんです。なにが「おめでとう」なんだよ?って俺思ったんです。
役場がやってる施設で、管理者が管理会社から頼まれた施設、
自分(管理者)が役場に「ランキング上位になりおめでとうございます!」
っていうならわかるよ。
だけど、俺に「おめでとう」って言う意味どこにあんのかな?って
これもアスぺの人が、俺との距離や対応を理解してない証拠なのかなって
本読んで思ったんです。
ま、その労いができれば、普通なんですけどね。
一度もなかったんです「ありがとう」の感謝の言葉も
「ごめんなさい」の謝罪の言葉も・・・

あと、あまり使わないようにしてるんだけど、理解するためには
必要な言葉だから書いとくけど「対応が気持ち悪い」って感覚
ネットをみると、健常者がアスぺに覚える感覚であるみたいです
俺だけじゃなかった。
たとえば、つねに顔色(アスぺは顔色見るのは苦手なくせに)をうかがってる
これ、よく感じたんですけど、そうかみんなそうなのか?
俺の場合、一番気持ち悪くて管理会社の方の管理者にも
電話で言ったことが「気持ち悪い対応をされて礼儀がなってない」
礼儀がなってないんじゃなかったんですね、礼儀がない(わからない)
だったんです。
俺は3年も残業代や掃除代の多くをもらわずにがんばったんだから
「すみません」のひとつあれば、少しは許したかもしれないのに
それがないばかりか、陰で俺をバカにしてるってこともギャルママから
耳にしてたんです。それとみんなの気持ちを逆なでするような数々の行動
(ギャルママと焼き肉ギャルママの子供だけ見舞い)
や(打ち上げやらずに3人で呑みに)等々
結局、先日管理者が「(トラブルになるから)言っとく」と言って
払ってくれるかもしれなかった掃除代の話
一切俺に」連絡きてないからね(怒)
本には「ひとつの個性」とか書いてあるけど
アスぺにはいろいろなタイプもあるようだけど
これが個性だったら嫌な個性で、俺は認められないなぁ。
許せないもの。
いまごろお局様やギャルママはアスぺの管理者のもとで
どのように働いてんのかなぁ・・・