虫の味


俺自身は食べたいと思わないし、
いいとこ食べたことあるのは「イナゴの佃煮」ぐらいですけど
昨日のテレビでは「蜂の子」や「スズメバチ」を食べていました
今テレビで見たのは、タイでは食虫の文化があるようで
とても大きな「タイワンエンマコオロギ」を食べていました
韓国では「ポンデギ(蚕のサナギ)」食べるの知ってるし
オーストラリアの先住民は、「アリ」を食べるなんてのを
本で読んだりして、興味のある話ではあります
その昔、テレビで見て面白かったのは、所さんが芸能人が
日本人から見るといわゆる「ゲテモノ」とされる虫や爬虫類などを
いろいろな国で食べるの、見たことありますよね?
あれ面白かったなぁ
そんな中、偶然ですが(めぐり合わせ?)本屋でこれをみつけました
「虫の味」ってタイトルで、しかもこの本
まじめに二人の研究者が
(それぞれ東京医科歯科大学、元千葉衛生研究所の人)
食べるときの注意や、調理方について書いた本らしいです
「薬局」って月刊誌で連載されてたようなので
お堅い本なんでしょうね。
虫を薬としてる国もあるようです
以前読んだホームレスのおじさんの本によると
カブトムシの幼虫はおいしかったって書いてあったけど
この本の著者に寄れば、意見はわかれるそうです
いや、でもあれでしょ?幼虫でしょ?・・・
小学生の頃、よく捕りに行ったあれ、食べたくないなぁ(笑)

で、この本を買った本屋さん、先日オープンしたばかりのところで
見つけたんですけど、よく行ってたとこのリニューアルオープンで
今日はじめて行ったんですけど、いや〜♪楽しすぎる
1日居られますよ。DVDなどほしいのがたくさんで
居るとほしくなるので、短時間で帰ってきました

で、前の日記に書きましたが、どんなもの(本)を売るか
特色がないといけないのですが、この「虫の味」のような
変わったものを扱おうかな?って思ってます
今日ね、吉田 類さんの酒場を歩くBSの番組の再放送見てたら
西荻窪を歩いてたんですけど、見てたら
俺がやりたいような本を扱う店に立寄ってたんですね
昔のエロくないエロ本とか(笑)味がある本
先日見た下北沢の雑貨屋さんでも似たような品揃えでやってたけど
なんだ、俺と同じような人はそういうところにいるんだ!
って思いました。下北、西荻なんて行ったことないけど
勉強のため行ってこようかな?って思ってます
「将来、ああいう店を構えられればいいな」って夢を抱きながら
がんばって準備して行こう!(前向きですよ)