映画「転校生」を見てきました


今日は映画「転校生」を見てきました。
いつもなら、パソコンで映画の開始時刻を調べて行くのですが、
今日に限って、地元の情報誌に載ってる時刻表を見て行ったのが
失敗の元でした。
情報誌に載っていた開始時刻は12時5分、俺は余裕を持って
家を11時過ぎに出て行きました。
映画館について、入り口にある時刻表をチェックして
俺は唖然としてしまいまいた。
そこには、11時半に終了したあとは、次が始まるのが14時10分と
書いてあったのです(汗)
そういえば、パソコンで調べたときに
時間を変更するときがあるって、書いてあったような・・・(汗)

時計を見たら、まだ3時間近くあるぢゃん!(怒)
しかたないので、近くの電気店を覗いて暇をつぶすことにしました。
買わないけど、薄型カラーテレビを眺めて、パソコンを眺めて
CD・DVDを眺めて時計をみると、ここでやっとまだ1時間(汗)
そのあと駐車場に止めてある車に戻り、テレビを見ながら昼寝をしました。
なんでそこを動かなかったかといいますと、
駐車場が超混むので、駐車スペースを考えて、
どこにも動けなかったんですよ(汗汗)
それに、この機会を逃すと、たぶん見る時間が無いと思ったので。

で、やっと開始1時間前になり、券を買って、
中でホットドックとコーラを頼んで、始まるのをまち
ようやく入場することができました(長げぇ)
お客さんは全部で4人(いつもこんなもんですけどね)
俺は前から3列目の真ん中に座りました(指定席ね)
ところが、席を1個空けた左隣にあんちゃんが座りやがりました。
こんな広いのに、他へ座れよ!(ウゼェ〜)
しかも飲んでるコーラに入ってる氷をガリガリかじって
その音が気になって気になって(笑)
まあ、始まったらやめましたけどね。

肝心の映画なんですけど・・・良かったぁ〜♪
これですよこれ!
部屋のつくりが、俺の好きな昭和レトロな感じで、
あの感じ真似したいって思ったし、
乗ってる自転車が俺のと同じようだし、
ヒロインの女の子が、また監督好みぢゃん!
長年見てきたファンなら、わかるなぁって映画でした。
リメイクなので、要所要所に昔と同じ場面を盛り込んだところなんか
演出がにくいね♪
ヒロインの実家の家業がお蕎麦屋さんだったけど、
そういえば昔、監督が俺の地元に撮影できて、
老舗の蕎麦屋さんで撮影したのを思い出しましたよ。
俺の地元の蕎麦屋さんは相当古いからね、
あそこも監督好みだったんじゃないかな?
話をもどしまして、映画ね、「着物」「下駄」「子供」「お寺」
「文学青年」等、俺の好きな大林作品には欠かせない物・人が出てきただけで
俺は感動しましたよ。
いいな♪俺は着物なんか着たこと無いけど、
この監督の作った作品に出てくるような生活にあこがれます。
下駄はいてカランコロンなんてね。一度下駄を履いたことあるんですよ。
もともと、昔住んでた家の裏がお寺だったので(汗)
監督の映画を始めてみたとき、懐かしく思ったのは事実なんです
DVDが出たら買お♪

家から帰ってきたら、プールの会社から連絡が入ったようで、
もう一度かかってきたとき、電話に出てみると、
明日来て欲しいとの事でした。
そのとき相談したいことがあるって、意味深なこと言われたんですけど
心当たりはあります。
何かといいますと、「責任者」をまかされるのでは?と思うんですけど。
いえ、まだわかりませんがね。
その「責任者」って言うのは、その名の通り、
責任のある仕事で、バイトの配置を考えたり、時には面接をしたり、
機械も取り扱うしごとなんですけど、
もしかして、それかな?って・・・
去年、本部を任されたので、、だいたいの事はわかってるんですけどね、
問題は携帯電話が必需品だって事なんです。
寝坊したり、彼氏と遊びに行っちゃうなんてやつもいるので(汗)
電話をかけまくらないといけないのですが、
俺、携帯持ってないので、もし頼まれたら買わないと・・・
嫌だなぁ・・・携帯、必要ないのに(笑)
まあ、結果報告は、明日行ってみてから。