また描いちゃいました

部屋の中から海の中まで趣味が多い俺の日記です

    2016年05月



    PICT0548


    ジャガイモの「インカルージュ」面白そうなので、1個だけ買ってきて

    半分にカットしてうえておきましたが、もう収穫するしかない状態だったので

    掘ってみました。


    PICT0550




    ついでに菜園の「男爵」も
    こっつちはダンゴ虫に葉を食べられたので、ちょっと失敗っぽい。


    PICT0551



    すごいインカルージの収穫量。1個からこれだけ。
    ただ小さいからどうやって食べたらいいかわからない。




    たいして男爵はやっぱりダメでした

    PICT0552



    残るは「メークイン」
    こっちは期待できそう。

    収穫までもうちょっと。



    家庭菜園 ブログランキングへ

    PICT0548


    出来た!
    ほら早かったでしょ。

    今回は描き込まないで薄めに着彩したのと
    黒髪だったので早く終わったんです。

    今日は衣装と、髪の毛を中心に描きました。
    衣装は黒で線を引いたら、練けしで消して
    質感を出します。

    髪の毛は「黒で描き
    光の当たった部分は「水色」で。

    色の付け方によって雑誌風になったり
    面白いので、いろいろな色の漬け方を
    試してご自分に合ったものを探してください。


    色鉛筆画 ブログランキングへ

    tomatosaien1




    菜園のトマトの成長が早いです。

    いつの間にか、脇芽が長く伸びていたので、カットして挿し芽しました。

    これで増えちゃう。




    tomatosaien2







    トマトをなるべく大きくしたいので摘果が問題。




    雨除けもしなきゃ。

    やることいっぱいある。


    家庭菜園 ブログランキングへ

    PICT0548



    ほら、描きだすと早いんですよ。
    ただ、じっくり描きたいんで少しづつ描いてるだけなんです。

    今日は鉛筆で描いてから、「うすだいだい」で肌の下地塗り。
    肌にできた陰は「あかちゃいろ」「こげ茶」で・
    唇は下地にももいろ」。ちょっと濃い部分に「うすべにいろ」で
    とりあえず色を着けておきます。

    目は黒で輪郭を描いて、瞳は「黒」と「こげ茶」で。
    白目にできた陰に「水色」で色を着け、
    生生示唆を出します。
    まつげ、眉毛も描きつつ、髪にとりかかったところで
    今日は終了です


    色鉛筆画 ブログランキングへ

    PICT0549


    オカンがたこ焼き食べたいというので、材料を買ってきました

    レシピ通りにやったのですが、水が多かったみたいで、「たこ焼き」にならず、もんじゃ状態失敗に終わりました(汗)
    またいつか挑戦します。

    PICT0548


    先日、ケント紙を買ってきたんで、
    さっそくお絵かき始めますよ。

    さて今回は前回に続き、乃木坂メンバーを描きたくなったので
    今回は生駒里奈さんを描いてみます。

    描く時のBGMは生駒山センターの「おいでシャンプー」にして
    イメージふくらませます。

    なぜかというと、いま他のメンバーセンターの歌が
    脳内再生されてしまっているから気持ち切り替えないと、
    絵に気持ちこめられないからです(笑)


    色鉛筆画 ブログランキングへ

    mizuao



    どちらにしても街では珍しい「オオミズアオ」か

    「オナガミズアオ」が網戸にとまってた

    jitensya


    明日からの就活に向けて、自転車を引っ張り出してきて

    タイヤに空気を入れました。

    ハロワ混むからねぇ


    PICT0548






    地元のローカルデパート前にある自動の証明写真機で

    写真撮ってきたけど、なんで映り悪いかなぁ。

    酷い写真[汗)

    yasaituihi



    今日は野菜に追肥をしました。




    去年は足りなかったようなので今年は肥料過多ぐらいなきもちでやります。




    特にナスは「肥料喰い」ですので、豆に上げないと。




    今朝はプランターのナスに1コメの花芽が付いたので

    それは摘んでしまいました。

    次からが本番。


    家庭菜園 ブログランキングへ

    このページのトップヘ