また描いちゃいました

部屋の中から海の中まで趣味が多い俺の日記です

    2012年11月

    PICT0284


    今夜は、おかんはおなかいっぱいでそんな食べないから、
    急遽自分の晩御飯をなにかつくることをスーパーに買い物に行ったときに言われ
    野菜売り場から見てまわってなにか考えました。
    そこでなんとなく思いついたのが「ビーフシチュー」
    寒くなったからね、なにか温まるものって発想です。
    しかし、ビーフシチューなんて作ったことない。
    一からつくるのも考えてなかったのでどうやって作ったらいいか。
    そこで市販のものを使うことにして、材料をそろえました。
    あとは家にあった奴で。
    で、ただつくっただけじゃ面白くないので、中に麺類いれようかな?と
    最初はパスタを見たのですが、いいのがなかったので、なんとなく「ほうとう」を買ってみました。
    肉はシチュー用の牛肉があったので、それで。


    PICT0286


    フライパンにサラダ油を敷き、ニンニクを入れ香りが出てきたら
    タマネギを入れる

    PICT0287


    シチュー用牛肉を入れ塩コショウし、バターを入れる。
    赤ワインはないので入れませんでした。

    PICT0289


    ジャガイモを入れ、水を入れたらコンソメを少々。

    PICT0290


    ビーフシチューの袋を開けて入れたらケチャップを足し、牛肉についてたローリエを入れ
    ふたをしてコトコト煮込む。
    ここまではいい感じだったんだけどなぁ・・・

    PICT0291


    あれ程度したら、ほうとうを入れる。
    えい!あっ!ほうとうの量が多すぎた!!

    PICT0292


    はい、というわけで、汁気のないシチューが出来上がりましたよ(汗)
    肉もシチュー用だから牛すじとかで、ちょっと硬かった。
    煮込みが全然足りなかったんだね(汗)
    また機会があれば再挑戦しますよ

    昨日かったのはこの本

    PICT0280


    『中国怪食紀行』 小泉武夫さん著

    発酵学などの農学博士、小泉武夫さんの本はおもしろくて、見つけると
    おもわず買ってしまいます
    今回の本は中国ではこんなのまで食べてしまうって紹介や
    トイレの説明など、知りたかったことが満載で面白そうです
    またこの先生がなんでもトライして食べちゃうところがすごい
    読むのが楽しみな本です

    PICT0281


    先日4年ぶりのダイビングをしてきたわけですが、
    そんな中、今の頭はダイビングモード(笑)
    そんな目で本をみてるわけですから、こういうのが目にとまるわけです

    『ダイバー漂流 極限の230キロ』 小出康太郎さん著

    ダイバーである以上、可能性として考えておきたい問題
    深い海に潜っても大丈夫な防水携帯があればな?など
    妄想するのですが、極限の状態ではどんな精神力だったか?
    など興味深い話で読んでみようと思ったわけです

    PICT0280


    今日はおかんは胃の調子が悪くおかゆを食べるというので
    今夜の夕食は俺は自分で作ることにしました
    朝スーパーに買い物に行ったとき、そういえば「焼き肉のタレ」を切らしてることを思い出し
    瓶を棚から取り出すとラベルの裏になにやらレシピが書いてある
    思い立って急遽それをつくることにしまして
    材料を買って家に帰ってきました

    作るのは「レタス炒飯」

    材料:ごはん、牛肉、レタス、長ネギ、卵、サラダ油、ゴマ油

    PICT0281


    牛肉は焼き肉のタレで下味をつけておく

    PICT0282


    レタスはざく切りにして

    PICT0283


    長ネギはあらみじんに切っておく

    PICT0284


    フライパンにサラダ油を敷き、長ネギ、牛肉を炒め

    PICT0286


    とき卵を加えて炒め合わせる

    PICT0287


    ごはんを加え焼き肉のタレで味付け、レタスを加えて
    仕上げにゴマ油を入れて混ぜ合わせ

    PICT0288


    できあがり

    ※レタスは食感を増すため火を止めてから入れる

    おかんの感想は「まあまあ。私が買ってくる(冷凍の)炒飯よりおいしい」って(笑)

    ヤフー画像
    http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=stcmsi...

    タレントショップ
    http://minomanma.blogstation.jp/archives/55432974.html

    すごい!
    俺が昔書いた「タレントショップの記事の画像が
    ヤフーの画像検索のトップに出てる♪
    いまのところ(2012年11月現在)、一番上の左から3番目
    千六百四十万件のトップですよ♪
    前の楽天の画像に俺のチャリが出てるのと同じくらいうれしい .

    記念に関連商品の写真載せちゃいます
    当時、東京の学校通ってたので帰りに原宿に行って買ったやつ。
    開けないで保管してた(笑)
    おニャン子クラブ関連の店「HIP`S ROAD」

    ※袋
    PICT0280


    ※シャツ 2200円
    PICT0281


    ※ポロシャツ 4500円だって、よくそんな金俺あったな(笑)
    PICT0282

    PICT0280


    PICT0281


    ナッちゃん、シャンプーカットに出しました。
    可愛くカットされて帰ってきました
    なんか眉毛あるよね?(笑) . .

    PICT0245


    12時ごろ1本目が終わり、海から上がって駐車場へいきました
    すぐに温かいシャワーを浴び、大きなお湯を張った水槽にウエットスーツのままザブン!
    「あったか〜い♪」
    ウエットスーツの胸元を開けお湯を中に入れるとホッとします。
    後から入ってきた他のツアーのお客さんと「寒くなかったですか?」などしばし談笑し
    身体が温まったところで出て甲羅干し。
    すると「どこからともなくニャンコが歩いてきて、俺たちの車の下に潜り込んできました。
    尻尾をパタパタしながらのんびりした様子。
    コーチがお腹をさすったらネコパンチ食らわせやがった(笑)
    ニャンコをからかってるうちに時間が近付いてきました。
    ダイビングは続けざまでは海に潜れません。
    少し休憩しないと、潜水病の素となるんです。
    一通り休憩したら、器材とカメラを持ってタンク置き場へ向かいます
    このとき、俺のデジカメは「長持モード」がないのか、俺が気が付かないのか分からないけど
    2本目のバッテリーに取り替えたもんだから、ハウジングの蓋をするときに
    よく水滴を拭かなかったようで、ハウジングの内側が曇ってたようでした。
    深い所へ行って、水温が低いとこにでも行けば乾くかな?と高をくくってたら
    結局大曇りになって、勘で撮影することになってしまいました(爆)
    タンクを背負ったら、12時53分ごろエントリー
    今度はウエイトを1キロ重めにしときました

    PICT0246


    今度のコースは1本目のさらに先、約200メートル先を目指します
    さっきのコースだと時間がかかるので岩の上を進みショートカットするコースです。
    ウエイトを増やしたことで安定し、楽々泳げてあっという間に
    1本目の最終地点近くまで到着しました

    PICT0247


    岩の向こう側は砂地が広がってまして、11年前はそこを散策したようですが
    今回は1本目の岩の後ろの方へむかうので、岩沿いに進みました。

    PICT0251


    師匠が1本目の最終地点辺りの岩陰にめずらしい魚を発見
    「ニシキフウライウオ(タツノオトシゴの親戚)」のつがいがのんびり泳いでいました。
    よく観ると、岩の上には紅白ハサミに長い触覚をもった「オトヒメエビ」もいます
    このエビはむかし水槽で飼っていたお気に入りのえびなんですよ。
    綺麗なんです♪
    しばらく撮影をしたら、さらに奥まで進んで行きました。

    大きな岩をスーッと上に向かって上がっていくと、師匠が何やらボードに文字を書いています
    「なんだろ?」とワクワクしてると
    「ウミガメ」の文字が!
    「え!ウミガメ?」
    コーチが指さ岩の後ろをそーっと覗いてみると・・・

    PICT0253


    いた〜〜〜っ!!ウミガメの甲羅のお尻が見え、それからみんなでかこむような体制を取りました

    PICT0254


    「アオウミガメ」だそうです
    じっとしていて動きません
    寝てるのかな?

    PICT0256



    ウミガメは昔、ハワイで潜ったときにどこからか泳いできたのではしゃいでいると
    腕にかなぐがついていて、そうやら餌付けされてる様子だったので
    面白くもなんともなかったのですが
    今回のは正真正銘の野生のウミガメです

    PICT0257


    居るもんだなぁ

    PICT0262


    昔、テレビで初島行のフェリーからウミガメが顔を出してるところをやっていて
    この辺いるんだなぁっておもってはいたのですが、まさか会えるとは。

    PICT0263


    これですよこれ、俺が求めてた出会いと言うのは。
    そこへ行けば必ずみられるなんておもしろくありません。
    野生の物に偶然出会って価値があるのです。

    しばらくみんなで撮影をしました

    「カメさん、ごめんね、フラッシュまぶしいね」

    大きさは5〜60センチぐらいでしょうか
    これでもまだ子供らしいです

    一通り撮影をしたら、別れを告げて帰りましょう
    「カメさん、大きくなれよ!」

    PICT0266


    先ほどの岩場にはまだニシキフウライウオが泳いでいました
    カメ見てるうちは興奮して忘れてたけどやっぱり寒いです(笑)

    PICT0268


    なるべく水面に近い所(いくらか温かいのでね)泳ぎたいけど、この辺り
    まだ14メートルはあるので、寒い寒い!
    高い岩の上から下を見下ろしてみました
    透明度は10メートルあたりだそうですが、よく見えます

    PICT0272


    大きな魚も群れをつくっていました

    PICT0273


    陸にだいぶ近い岩場へと戻ってきました
    ホンソメワケベラがチューしてました。
    いやオス同士ケンカしてたのかもしれませんがね?
    そんな様子を眺めながら、陸に到着
    今回も約47分ほど潜り終了となりました
    寒かったぁ

    PICT0274


    陸に上がったら、駐車場へ戻り、またお湯にザブン!
    ふ〜っ、落ち着いた〜♪
    器材を軽く洗って干したら、施設に着替えに行きました
    戻って、まだ生乾きのまま器材をばっつぐに詰めたらお昼を食べに向かいます
    川奈ありがとう!
    川奈からしばらく車で走るとあったのが、伊東漁協のやってる食事処
    しかしもう15時半。ランチタイムなんてとっくに過ぎた時間です。
    ッメニューが少ない分サービスしてくれるというのでみんなで同じものを頼みました。

    PICT0275


    頼んだのは「地魚の刺し身定食(1500円)」
    これに他メニューの「メンチ」とお店の方の実家のミカン(この辺産地なんです)まで
    サービスしてくれました。ラッキー♪

    PICT0276


    刺し身は金目鯛や鯵など新鮮な魚で美味しいんです。
    ごはんもお替り自由ということでしたが、みなさんは小食の用で食べない。
    というわけで俺だけご飯をお変わりしたのはナイショです(笑)
    ふ〜っ、おなか一杯♪ごちそうさま!
    ご飯を食べたら、今度は温泉へ向かいます

    PICT0277


    建物はファミレスのもののようですね
    車に乗って、温泉へ。

    PICT0278


    着いたところは「毘沙門天 芝の湯 玖須美温泉会館」と言うところ。
    地元のじいちゃん・ばあちゃんがたくさん来るようです。
    日帰り入浴の男性は300円、女性はもうちょっとかかるみたい。
    なんでだろ?女性は髪が長いからお湯をもっと使うからでしょうか?(笑)
    地元の人は70円だって。
    で、長湯をしようと思ったら、お湯が熱くてね、とてもずっとは入っていられません。
    20分ほどで出てきちゃいました。

    お客さんがみんな戻ってきたら、リクエストで「干物屋さん」へ向かいます。
    ところが海岸沿いが大渋滞。なんだろ?お盆でもないのに・・・
    疑問に思いながら山道へ入りショートカット。
    なんとか小田原に到着。
    激安干物屋さんで、俺は小田原さんの「青アジ・イカの一夜干し・ゲソ入り塩辛」を
    買い、そこから小田原厚木道路に乗って帰路へ向かいました。
    しかし入ってすぐに大渋滞
    なんだろ?
    全然済まなくて、平塚で下り、わき道を走って、なんとか厚木着
    料金所を抜けるのに30分かかり、海老名に向かいます
    なんかすごい混んでるんですけど、「マラソンでもやってんじゃねえの?」
    なんて冗談で言ったら、帰ってからわかった事ですが、横浜で国際マラソン
    やってたんですって。当たってしまった。

    海老名SAには20時15分着
    ソフトクリームを買い急いで頬張ったら約20分で出発。
    首都高で工事渋滞、常磐道で流れが悪くなるなんてところを走り
    地元に着いたのが22時30分ごろでした。
    送ってくれた師匠に挨拶をし
    コンビニにお弁当を買いに行って家に着いた時には23時を過ぎていました。
    こんなの真夏にしかないことなんですけどね。
    師匠も大変だったと思います。

    と言うわけで、寒かったけど「ウミガメ」が観れて
    今年一番感動したダイビングでした♪

    PICT0279


    11月18日、今年2回目のダイビングをしに伊豆へ行ってきました
    今回の目的地は東伊豆にある「赤沢」
    集合場所に到着したころは、まだ星空が綺麗で、そういえば「しし座流星群」が見えるんだったと
    星空を見上げると、ちょうど北斗七星のちかくで一筋の流れ星が観れました♪
    いいことあるかな♪
    お客さんが集合したら出発です

    PICT0223


    PICT0224


    混雑もなく海老名SAには6時45分ごろに到着
    寒いのでなにか温かいものをたべようとブラブラしました
    まだ朝早いので準備してるようだけど、俺の好きな「ピリ辛いか天(300円)」を
    前回見つけといたので、これを購入。
    温かくておいしいんです。
    前は帰りのSA側にあったのに移動したのかな?
    これに温かいカフェオレを飲んで、おかんのおもやげにメロンパンを買ったら
    現地へ向かい出発

    PICT0225


    小田原を降り、熱海まで海岸線を走るとき、海を見るとけっこうな波が・・・
    伊東に入りコンビニで休憩してから、現地に約4時間で到着しました。
    漁港になっているので、奥まで車で入ると…
    「うわ!けっこうな波が・・・」
    防波堤を越え、漁船に波がかぶってる(汗)
    ダイバーが3人入ってったけど、これじゃレジャーじゃなくて訓練(笑)
    しばし様子見。
    コーチの判断で、ここでのダイビングは中止となりました。
    ここは東伊豆の海峡が悪いときのポイントなのに、他にあるのかな?
    コーチが何やらどこかへ電話をしてました。
    そして、急きょ変更になった先が、少し戻ったところにある川奈。
    ここは外国の要人が来るとやりに行くゴルフ場があるとこでも有名なんです。
    ほんとうは赤沢で潜った後に入る温泉がね、海を見ながら入れる露天風呂で
    楽しみにしてたんですけど、また次回に。
    と言うわけで川奈へ向かいました
    通りから海岸通りに降りてみると、さっつきみた波が嘘のようにありません。
    おなじ東伊豆なのに不思議です。

    PICT0226


    川奈に到着
    ここは師匠は8年ぶりで1度きり、俺は11年ぶりでまだ1度しか潜った事のない所で
    あまり人気がないのかな?
    器材干しの近くに駐車し、さっそく着替えを始めました。
    今回、前日の雨で水温19度辺りになってると予想してたけど、あえて普通のウエットスーツでチャレンジ。
    俺以外のおきゃくさんはみんなドライスーツでした
    着替えが終わったら、器材をもってタンク置き場へ
    ここは防波堤にタンク置き場があり、そこまで階段を上るのですが
    夏場や体力のない人にはそれがきつい。

    PICT0227


    タンク置き場着。
    下を見ると「おっ、やってるやってる」
    ダイバーがどんどんエントリーしてます
    俺たちもタンクを背負ったら、階段おりていきました

    PICT0229


    エントリースロープはぬるぬるしてるので、すべらないよう気を付けながらフィン(足ひれ)を履き
    海に独りづつ入って行きます

    PICT0230


    この時、いつもよりもなんか沈まなくてちょっとじたばた。
    というのは普段は10リッターのタンクなのに、ここは9リッターのタンクで
    ウエイトを1キロ軽めにしてたんです。
    それで、一生懸命息を吐いても、なんかうまくしずまなくて。
    2本目は1キロ増やそう。

    PICT0231


    11年前の俺の記録によると、海へ向かってここは2本のロープが張ってあるのですが
    そこにからまったりして、たいへんだったみたい(笑)
    今回は、浮き気味にならないようにロープをつかみ深い所へ向かいました。

    PICT0232


    ここの昔からのイメージは、他では見ないような海藻があること
    芝生のような海藻が生い茂って、綺麗なんですよ。
    透明度は10メートルほど。

    PICT0233


    師匠が魚の群れの中にみつけたのが
    「ケラマハナダイ」沖縄の慶良間にいるのかな?
    キンギョハナダイとは違うみたい

    PICT0236


    そんなに深くないここでも、魚はけっこう群れています

    PICT0237


    今回のコースは岩を伝いながら焼く120メートルぐらいまで進むコース。
    このウミトサカ(サンゴの親戚)があるところまでくると、けっこう深く
    初心者だと、ここまで来れないくらいのところです。
    辺りは暗くなり、俺もちょっと寒くなってきました

    PICT0239


    折り返し地点まで来ると、地形がダイナミックで迫力がありましたよ


    PICT0240


    そこからゆっくり泳いで戻ることに
    師匠が岩陰に「イタチウオ」を発見
    悪そうな顔してる


    PICT0243


    引き返すこと日差しが差し込んできたので、恒例の水面を見上げる。
    やっぱりきれい♪

    PICT0244


    約47分潜り1本目が終わりました
    寒かったぁ

    おはようございます
    今から伊豆へダイビングに行ってきます
    帰ったら報告しますね

    PICT0224


    今やアニメはデジタル化され、俺の専門だった「背景」さえ、PCで描く時代になりました。
    そんな中、必要のなくなったアニメ制作方ですが、需要はないかもしれませんが
    こんなふうに作ってたんだよという紹介になればと、俺のコメント・イラストも付けて
    書いてみることにしました。
    元になったのは俺のグループのリーダーが書いた「制作要領説明書(マニュアル)」です。
    これは、俺たちのグループの卒業制作に際し、彼(リーダー)がノートに書いてコピーしたものを
    みんなに配ったもので、17部刷られたようです。
    トップシークレット的な扱いで、大事に保管してました。
    もう、出してもいいかな?って判断で載せちゃいます(笑)


    まずはリーダーのプロフィールを勝手に紹介(笑)
    彼は学校に在籍する前に某アニメ会社でバイトしてたそうで、それで知識が俺たちよりあったのと
    一番年齢が上、俺より3つ上だったので、リーダーに選ばれました。
    しかし、絵は抜群にうまいというわけではなく(笑)胃潰瘍をわずらい、制作を休みがちだったので
    俺たちだけでアニメ制作を進め完成させたのでした(笑)
    俺の記憶が正しければ、(アニメを見るときは知ってる人がいないか制作者が気になってよく観てたので)
    卒業後、先のバイト先に就職?バイト?で戻って「宇宙の皇子」や「ロードス島戦記」も参加したようです。
    しかし、当時の俺たちアニメ制作を志す者にとって、ヲタっぽい絵柄はバカにする対象だったので
    名前を発見するなり「だめだな、あんなヲタっぽいの描いちゃ」って思ったものです(作者の方失礼しました)
    ところがいまや「萌えアニメ」が主流でしょ?ガンダムだって、俺たちからすりゃ萌えキャラ使ってるし。
    時代は変わったなぁって思います。

    けっこうなページではたして最後まで説明できるかどうかわかりませんが(笑)
    ライフワーク的に少しづつ書いていきますので、
    お暇な方はご覧ください。

    表紙にはこう書いてあります

    「アニメセル・特殊効果等 制作要領説明書」

    注意
    ・この説明書は(グループ名)のみに発行されるので、知るべき情報を誤解などを避けるため
     部外へ作成者の承認あるいは作成者の指定する者の承認なく知らせてはならない

    ■知らせちゃいました!(もういいでしょ?)

    ・作業の効率などを計るため、この説明書以外に能率的改善が見込まれると信じるに足りる
    事由があれば作成者へ申し出ること。

    ・本署への訂正、質問があれば速やかに申し出る事

    ■文章堅いでしょ?これで、まだ20代前半だったんですよ

    では次からいよいよ中身です
    イラストはリーダーが描いたものを下に、俺が描き直したものです

    .肇譽好泪轡

    熱転写方法ではセルにカーボンを焼き付けることにより
    トレスを可能とした機械

    ■これ、鉛筆で描いた線を機械でセルに写すわけですが、これを全部ペンで描いてたら
     大変だから、便利です。

    PICT0225


    ▲ャリア

    セルの上にカーボンを乗せ、トレスをする台になる送り台のこと
    固定用のセルが一枚ついている
            
    PICT0226


    カーボン

    セルの線となるもの、表裏があり黒く光っている方が表である。

    PICT0227


    ぅ▲縫瓮札
    TVサイズ、ビスタサイズ、大版、いろいろある。保護用の紙と対になっている。
    大版はマシンとレスでトレスできない

    ■セルに描くときはキズやホコリが付かないよう手袋したり意外と扱いが大変でした

    PICT0228


    ゥ織奪弖蠅△欝

    動画用紙のタップ穴が気軽にあけられるというスグレ物
    大版の作画用紙作成、大版セルの穴あけ、あるいは自分で上質紙を買ってきて
    作画用紙を作ることも可能

    PICT0229


    PICT0230

    ※写真はタップ

     Ν△六箸Υ鏈爐砲茲辰督柑劼良い物と悪い物があるため
    できるだけ整備を常に行う事。
    画質を左右するのは線であるので取扱いには細心の注意が必要である。
    手入れ方法は制作進行に指示するので、仕上げはとりあえず物品名と使用目的・
    方法も覚えておいてください

    ■この「制作進行」がぽんこつで仕事できなくて参りましたが
     やっていくうちにうまく機能していったことを覚えてます。

    これ、俺も当時を思い出しながら楽しく書けるので良いネタ見つけたな♪
    って思いました。
    次回をお楽しみに♪(って、アニメのエンディングか!)

    PICT0223


    そうだ、うちにはあったんだ!こんなのが。

    今、人お友達のブログを読んでいたら、「スノーマン」の文字が。

    ん?スノーマン・・・スノーマン・・・。

    なんかうちで見たことあったような・・・・?

    って思ってたら、地震で飾ってあった棚から落ちて

    部屋の片隅に放置しといたスノーマンがあるんです。

    このスノーマン、10年ぐらい前の楽しかったバイト先で

    ボーリング大会をやって、それの景品でもらったやつなんです。

    しかし、一人の俺にはそんなものを飾る気持ちの余裕がなくて(笑)

    箱のまま放置してたんです、そういえば。

    というわけで、今、電源入れて見たら、点きました!

    今年はちょっと寂しげですけど、お部屋に飾ろうかな?.
    PICT0224


    PICT0223


    昨日、テレビで「オムライス」をつくるのを見てたら
    食べたくなったので、今日のお昼はオムライスをつくりました

    PICT0224


    朝からスーパーで買ったのはレンジでチン♪する「大盛りごはん」
    鶏肉はおかんが買ったのを弔意と拝借

    家に帰って早速調理にとりかかりました
    「チキンライス」は中学の時おかんが1週間ほど入院するってんで
    その間、家で何か作って食べたいと思いはじめて覚えた唯一の料理。
    ふつうカレーとかでしょ?カレーの方が作り方分からない俺です。

    フライパンに油を敷き、鶏肉、タマネギに塩コショウして炒める

    PICT0225


    ごはんを投入し、パックに入って四角く固まっているのを
    ほぐしながらケチャップをかけ炒め
    チキンライスの出来上がり

    PICT0226


    卵を2つ割り、甘目にしたいので、砂糖を少々いれかきまぜて
    フライパンにえい!
    ・・・あっ!固まるのが早い!!(あたふた)

    PICT0227


    はい、卵載せ失敗しました(爆)
    たまごにかけるソースがポイントで
    鍋に、水、醤油、ウスターソース、ケチャップを入れて作るんですって。
    テレビのをマネしてみました。
    付け合せはホウレンソウのバター炒め

    お味はグッドですよ♪
    唯一の得意料理ですからね。
    たまごでチキンライスをくるむなんて芸当はまだできないので
    せめて上手に卵をのせられるよう勉強だな(汗汗)

    PICT0223


    はい、今回は急いでいるため説明は1ページです(爆)
    鉛筆下描きのとき、髪の毛の光の当たってる部分と当たってない部分を描いておきます
    柄のついた服なんかも、このときよく描いておきます

    PICT0224


    ペン入れはコピック黒1.0ミリで

    PICT0225



    髪の毛はカラーインクのバーントシェンナで
    肌は、ポスターカラーのオレンジを薄めて塗ります
    今回はオレンジを濃い目で塗ってみました

    PICT0226


    ニットでできたワンピースなんですけど、細かいニットの質感を表現したければ
    色鉛筆で描くのもいいでしょう
    下地塗りにポスターカラーのローアンバーで

    PICT0227


    ニットの質感は細かく描かないで、ポスターカラーのセピアで
    なんとなく線を引いてそれっぽく見せます。

    それでは楽しいお絵かきライフを♪


    PICT0228


    今、日本酒飲もうとして、つまみがないので
    余ってたゴボウをつかい、「きんぴらごぼう」を作ってみました。

    ささがきにしたごぼうをゴマ油でいため、酒、しょうゆ、みりんを入れ
    唐辛子、ラー油を少々振って油分が無くなったらできあがり。

    うまし!

    PICT0223


    先日、料理番組でイタリアンのシェフがパスタを作ってるのを見てたら
    試してみたくて、今日のお昼はパスタをつくりました
    「茄子とトマトのパスタ」
    トマトとナスは相性いいんだそうです。
    と言うことで、朝からスーパーに買い物に行ってきました
    パスタ(78円)、カットトマト缶(98円)、茄子(34円)
    あとは家にあるものです
    なるべくテレビで観たことを思い浮かべながら、いつも自分で作るのとは
    違う味を目指して作りましたよ(笑)

    PICT0224


    パスタを茹でる。塩多めで。

    PICT0225


    フライパンにオリーブオイルを敷き、
    いつもスライスしてたニンニクをさらに刻んで、
    唐辛子も入れる

    PICT0226


    スライスした茄子を入れる。
    パスタの茹で汁を入れしんなりさせる

    PICT0227


    カットトマトを入れ胡椒を振る。
    塩は茹で汁に入っているから
    入れなくてよいそうです

    PICT0228


    茹でたパスタを入れ、茹で汁を少々入れ、ソースと絡める
    ここでオリーブオイルをかけて混ぜる
    これポイントで、いつもはかけたことなかったけど
    なんか違うものができそうな気がしてきました♪

    PICT0229


    お皿に盛って完成!
    いつものケチャッツプと違いますね
    お店っぽい味に近づいた味になりました。
    あとはここにハムを入れても良いそうです
    刻んだパセリ入れるといいですね。
    さらに研究して置こうと思いました . .

    PICT0223


    昨日、テレビで肉載せどんぶりの番組を見てたら、

    肉モードになってしまったので、今日のお昼は肉!

    おかんとスーパーへ買い物に行ったとき、材料を探しました

    そこのスーパーには普通サイズがなかったので、
    今日は大盛りごはん(128円)

    肉は「豚肉のうす切ロース(148円)」

    「舞茸」が48円で売っていたので、それも入れちゃおうと購入。

    あとは家にあるたまネギを入れて、「豚丼」作ろうと準備に取り掛かりました

    PICT0224


    フライパンに油を敷き、辛さが欲しいので唐辛子を入れ、
    千切りタマネギ、舞茸をいれ炒める

    PICT0225


    タマネギの色が変わる頃、豚肉を入れ塩コショウ
    もうだいぶ大胆になってきて手順が関係なくなってきている(笑)
    喰えりゃぁいいんです

    PICT0226


    酒、醤油、みりんを入れ煮詰めたら

    PICT0227


    ごはんに載せて完成!
    やっぱり一味足りないなぁ
    ニンニク?それともたまごをからめたまろやかさ?
    課題だなぁ、よく研究しておこう . .

    このページのトップヘ